今人気急上昇中のパパ募集掲示板はこちら

出会いひろば

圧倒的な会員数♪
リピーター率№1
会員数:約100万人

会員登録数№1の超人気サイト!
会員が多いから出会いやすい☆
カンタンで初めての方にも安心の優良サイト。

SWEET LINE

全国で出会いを探せる!
即会い可能
会員数:約80万人

地域検索、サイト専用メール、チャット機能など
出会いに効果的な機能が満載の人気サイト!
管理人イチオシです♪

愛カツ

業界一女性が多いのはココだけ☆
女性会員数№1
会員数:約70万人

女性会員率が58%と業界トップクラスのサイト♪
特に20~30代の若い会員が多いのが特徴の利用しやすい人気サイトです!

プチ神募集掲示板

はじめての利用でも問題なナシ!
使いやすいから安心
会員数:約60万人

オープン制で招待がなくても使えるから安心♪
本気で出会いを求めている男女が多数登録している優良サイト!

FirstMail

オープンしたての要注目サイト
会員数急上昇中
会員数:約50万人

すべての機能が使いたい放題の無料サイト!
占いやゲーム機能も満載♪
返事待ちの間も退屈させません☆

パパ募集について

パパ募集は、最近となってはそこまで流行しているということでもないような気がしますが、90年代などは本当に女子高生のなかでブームともいえるほどの流行になっていて、多くの女子高生がパパ募集をしていたといいます。
最近ではそれほど数は多くないのではないかと思いますが、それでもパパ募集というもの自体はなくなることもなく、パパ募集という言葉もまだ使われています。それはつまり、現在もパパ募集を求めている人が存在しているということでもありますよね。
そして、携帯電話が発達したことにより、どこでも連絡をとることができるようになり、それがパパ募集がまた行われるようになった、またはまだ行われていることの理由なのかもしれません。
また、女性が自分の学生時代の制服を売るというようなことも、まだ行われているという事実があるようで、そういった女性ならではのお金の稼ぎ方は、現在になっても失われていないということなのですね。
ですが、そういった商売に関しては、ある暗黙の了解があるようで、必ず料金は前払いにする、というものがあるようなのです。後払いにすることで、男性側が文句を言うケースがあるようで、そういったトラブルを避けるための、女性側の対処ということなのでしょう。

家出とパパ募集

「パパ募集サイト」と「家出サイト」を比べると、
女の子にとってどちらが儲かるサイトなのでしょうか。
意外に思うかもしれませんが、じつは「パパ募集サイト」よりも「家出サイト」の方が稼げるといわれています。
パパ募集で女の子がもらう報酬は、たいてい1回につき1万円から3万円。それ以上の金額はなかなかもらえません。
一方、「家出サイト」では1週間生活するための資金が手に入るのです。宿泊する場所だけを提供してもらう場合には現金を得ることはできませんが、なかには泊まる場所を
提供してくれて、なおかつお小遣いをくれる人もいます。
そういう人に出会うと、ほぼまちがいなくパパ募集よりも
稼げるのです。だから、本当はそうではないのに家出をしていると偽って、やれ家に帰る交通費だ、やれ下着を買うお金だといって小遣いをもらい、パパ募集以上の金額を手に入れる子もいます。いずれにしても売春行為はしてはいけないことですが、それでもやはり、どうせ体を売るのであれば稼げる方で、と考える子が多く、「家出サイト」で家出少女になりきって援助してくれる男性を探しています。
そういう子たちは、商売として自分を高く売ろうとしているのです。
たとえ家出のふりであっても、同情している男性たちはたいてい気がつきません。そのやさしさにつけこんで、少女たちはお金を稼いでいるのです。

 

最新情報

2014年11月21日
若い子が集まるサイト
他人には理解されない趣味
人の興味は尽きないもので、世の中には様々な趣味を持った人がいます。 中には多くの人が同じ趣味を持っているものもあれば、他人には理解されないような趣味を持っている方もいます。 そういった趣味の一つにセックスを挙げる人がいる・・・
2014年11月17日
若い子が集まるサイト
現在の決まり
以前は出会い系サイトから様々なトラブルや事件が発生していました。 ですが現在の出会い系サイトはどうなのでしょうか? 昔ほど危険なトラブルや犯罪は少なくなり健全に出会いを探すことが出来るサイトが増えてきていると思います。 ・・・
2014年11月12日
若い子が集まるサイト
商売としてのパパ募集
パパ募集は、ある意味では商売といえるのかもしれません。 お金に困っている女性が、自分の体を使うことで男性からお金を受け取るのですから、立派な取引の方法といえますよね。それだけ高額のお金を手にすることもできるようですが、パ・・・
2014年11月9日
掲示板やサイトの盛り上がり
既婚女性のパパ募集
パパ募集というと若い女の子がやっているイメージが強くありましたが今はそういう訳でもないようです。それは既婚女性のパパ募集が増えていると言うことです。 なぜ既婚女性がパパ募集に走るのでしょうか?旦那が相手をしてくれない?ス・・・
2014年11月6日
パパ募集掲示板の実態
パパ募集をするつもり
以前無料出会い系サイトを利用していてキャバ嬢として勤務をしていた女性と会うことが出来ました。 彼女はキャバ嬢として働いているわけですので、ファッション雑誌の広告がきっかけで出会い系サイトを利用し始めたのだろうと予想をして・・・

他人には理解されない趣味

人の興味は尽きないもので、世の中には様々な趣味を持った人がいます。
中には多くの人が同じ趣味を持っているものもあれば、他人には理解されないような趣味を持っている方もいます。
そういった趣味の一つにセックスを挙げる人がいるかも知れません。
なにも自分から公言していることは少ないかも知れませんが、セックスが好きなだけではなくもはや趣味としている方もいるのです。
ただ、趣味を聞いたときにセックスですと答えられてもリアクションには困ってしまいますが。
そういったセックスを趣味にしている方にとってはセックスフレンドがいる方も多いようです。
セックスフレンドの間柄ですから、自分だけでなく相手の趣味もセックスなのかも知れません。
同じ趣味を持っているもの同士であれば、気が合うのかも知れませんが、このことを恋人などが知ったらどうでしょうか。
セックスが趣味とはいえ、自分以外の人間とセックスをしているとなれば浮気と思うのが普通でしょう。
場合によっては、即破局と言うこともあるかも知れません。
セックスが趣味となっている人にとって、恋人とのセックスだけで満足できるのかは難しい問題です。
ですが世の中にしてみれば、セックスフレンドなどと言うものは総じて悪い印象しかないことも事実なのです。
だからといってパパ募集のように犯罪性の高いものではないのですから認められてもいい部分もあると思います。
同じ趣味を持ったもの同士で楽しんでいるだけと考えるには、まだ難しいものがあるのかも知れません。

現在の決まり

以前は出会い系サイトから様々なトラブルや事件が発生していました。
ですが現在の出会い系サイトはどうなのでしょうか?
昔ほど危険なトラブルや犯罪は少なくなり健全に出会いを探すことが出来るサイトが増えてきていると思います。
ですがどうして今は健全なサイトが増えてきているのでしょうか?
これは法律が改正されたことが理由となっています。
現在、身分証明書を提出しなくては出会い系サイトに登録ができないようになっています。
18歳以下の未成年が出会い系サイトに登録をしないようにするための措置なっており、法律によって身分証明書の提示をしてもらうことがサイト側に義務付けられているのです。
パスポートや保険証、免許証などをメールで送信をして年齢確認をしてもらうのです。
以前は出会い系サイトを通じて淫行をしたりパパ募集をするということが多かったですので、2003年6月に出会い系サイト規正法や出会い系サイト被害防止法が公布されることになったのです。
これは未成年を犯罪に巻き込まないようにするための法律となっています。
これ以外にも犯罪を示唆する書き込みや18歳以下に淫行をすることを目的としている書き込みも禁止になりました。
昔の出会い系サイトと比べるとかなり健全なサイトになり、真剣に恋人などを作ることを目的としている人が多く利用をしています。
出会い系サイトに関しての法律もあることを知らないという人も多いのではないでしょうか?
法律によって守られているわけですのでそれだけ安心して利用をすることができるのではないでしょうか。

商売としてのパパ募集

パパ募集は、ある意味では商売といえるのかもしれません。
お金に困っている女性が、自分の体を使うことで男性からお金を受け取るのですから、立派な取引の方法といえますよね。それだけ高額のお金を手にすることもできるようですが、パパ募集はかなり苦痛を伴うものだといえるでしょう。
セックスをしますから、当然病気になってしまうという可能性もあります。パパ募集を繰り返した結果、体を酷使しすぎて死んでしまう、そんなケースも確実に存在するのです。
パパ募集をする理由はたいてい決まっています。それは、お金が欲しかった、という理由です。そういった軽い気持ちでパパ募集ははじまってしまうものなのですが、それによって起こる結果は、必ずしも軽いものではありません。
そもそも、相手となる男性がちゃんとお金を払ってくれるかどうかということもわからないものですよね。もしかしたら、そのまま暴行を受けて死んでしまうかもしれません。それだけの危険と常に隣り合わせにならなければならないものが、パパ募集だといえるでしょう。
パパ募集をすれば、確かにお金は手に入るでしょう。ですが、それに見合うかどうかすらわからないリスクを背負わなければならないということを、確かに覚えておいてください。

既婚女性のパパ募集

パパ募集というと若い女の子がやっているイメージが強くありましたが今はそういう訳でもないようです。それは既婚女性のパパ募集が増えていると言うことです。
なぜ既婚女性がパパ募集に走るのでしょうか?旦那が相手をしてくれない?ストレス発散?そういったことも要因の一つのようですが、中には今、不況と言う日本経済のためにパパ募集をしている既婚女性もいるのです。
その詳しい内容を1人の既婚女性から聞くことが出来ました。
彼女は20代前半で若いうちに今の旦那と出会い結婚。子供にも恵まれて何不自由ない生活を送っていたそうです。
しかしながら不況と言うものは彼女の家庭にまで侵食してきました。

旦那の減給、ボーナスカット、住宅ローンの請求などによって家計は圧迫されて火の車状態でした。
そんな家計を救うべく彼女はパパ募集をし始めたのです。最初の相手は50代の役員の男性でした。
50代の男性のセックスは旦那よりもねちっこく中々いかせてはくれないし奉仕作業も強いられました。
旦那とのセックスでは完全に旦那が先導してのセックスでしたから彼女にとっては慣れてない行為だったためギクシャクしてしまいました。
そんな中でも頑張って男性の乳首を舐め、フェラチオをして男性を気持ちよくさせました。
結果として男性は満足してくれました。
その50代の男性は彼女のような既婚女性がパパ募集をしているのをよく見ると言います。
理由は様々だが彼女のように家計のためというのも多いそうです。

パパ募集をするつもり

以前無料出会い系サイトを利用していてキャバ嬢として勤務をしていた女性と会うことが出来ました。
彼女はキャバ嬢として働いているわけですので、ファッション雑誌の広告がきっかけで出会い系サイトを利用し始めたのだろうと予想をしていたのですが彼女はインターネットを利用して、それがきっかけで出会い系サイトを利用するようになったのだそうです。
私はこれまでに有料出会い系サイトを利用したことがありません。
無料出会い系サイトを選んだ理由は有料サイトだと料金が気になってしまって失敗をしてしまいそうですし、サクラに騙されてしまってお金が無駄になるのがとても嫌だったからです。
ですので無料出会い系サイト以外は利用をしていないようにしています。
ちなみに私が頻繁に利用をしていた出会い系サイトというのは非常にシンプルでコンテンツは地域別掲示板しか存在していませんでした。
この掲示板でキャバ嬢として働いている女性は私の書き込みを見てメールのやり取りをするようになったのですが彼女は小遣いを稼ぐために出会い系サイトを利用して相手を探していたようです。
近くに住んでいる人のほうが効率よくお小遣いを稼ぐことが出来ると判断して地域別掲示板のある無料出会い系サイトを利用したのだそうです。
ですので私はパパ募集などをするつもりがなかったので実際に会おうといわれたときに断ったのですが、パパ募集じゃなくて良いから実際に会ってみたいというので実際に会ったのです。
実際に会って、食事をしたのですが、とても礼儀正しい女性でした。
出会い系サイトは色々な人が利用をしているから楽しいですね。

一時的な感情

20代、30代の頃には、将来の目標として、仕事が順調にいって、家を買って、
子供が出来て、多少の余裕がある家庭を築きたいと多くの人が思い描くものである。
異性を好きになると言った感情が芽生えはじめる10代の頃には
そんな事は全く考えもせずに一時の感情で、好きな人と何時も一緒にいたい、
一緒にいられるなら何もいらない。
そんな風に思う頃もある、しかし、だんだんと大人になるにつれ、
お金の大切さ、お金が無いと何も出来ないと言う事に直面する場面に多く出くわす。
そんな時、男性の場合には、ひたすら仕事に励んで、お金を稼ぐ事に邁進する。
女性の場合もそうではあるが、中には、自らの身体を売って・・・。
と言う事を考える人もいるようだ。
中には10代の女子が援交と流行の言葉で、遊ぶ金を求めてそんな行動に、
出るときがあるようだ。
この女子達には、全く罪悪感などは無いだろう。
むしろ、楽してお金を稼げるから、楽で良いと考えて居るのだろう。
20代や30代、果ては40代になってからこのような行動に出ると言う事は、
よほどの経済的な理由からか、逆に、よほどのセックス好きなのかと、
言う事かも知れない。
人それぞれに、色々な事情があるのだろう。
人それぞれに色々な人生もあるだろう。
それを一つ一つ見ては、意見を述べる資格は誰にも無いだろうが、
しかし、自分の周りを再度見渡してから、再度自分の行動を見直して欲しいと思う。

サブコンテンツ

このページの先頭へ